空をみあげて

カテゴリ:徒然と( 33 )

ありがとうございました

a0260570_13445325.jpg


今年の4月でエキサイトブログ丸4年・・・・
でもその前に
とうとう画像容量がいっぱいになってしまいました。



そこで今回、
こちらへ移ることにしました→ http://iinaiinaiina.blogspot.jp/



よかったらのぞきにおいでください。
私もフィード受信登録を使って、
皆さまのブログは引き続き見せていただこうと思っています。


お世話になりました。
ありがとうございました。
[PR]
by iina-iina | 2016-03-02 12:18 | 徒然と

雪の朝



a0260570_16202599.jpg





雪が積もった次の日の
朝の窓越しの眺めが
不思議でしたので
撮りました




a0260570_16201479.jpg

[PR]
by iina-iina | 2016-02-20 10:00 | 徒然と

徒然


a0260570_1794094.jpg




ある夏の一日

気がつけば何度もカメラを触っていた一日



a0260570_179186.jpg







a0260570_1781258.jpg







a0260570_1774170.jpg

カンナはいつ見ても
不思議な花だと思います
この花を絵に描こうと思っても
どんなかたちなのか、はっきり思い出せない
それでいて、いつもどこかで目にしています

ああ、カンナが咲いている








a0260570_1771897.jpg

[PR]
by iina-iina | 2015-08-16 13:11 | 徒然と

半仙戯



a0260570_11532172.jpg

【半仙戯】(はんせんぎ)

(なかば仙人になるような気分がすることからいう)
「ぶらんこ」の異名
季語「春」

(広辞苑より)




a0260570_1153130.jpg

【半仙戯】

唐の玄宗が寒食(かんしよく)の日に,
宮女に半仙戯(鞦韆(しゆうせん))の遊戯をさせたことから
「半仙戯」は半ば仙人になったような気分にさせる遊びの意

ぶらんこ[季] 春

(三省堂 大辞林より)

a0260570_115241100.jpg


俳句では「ぶらんこ」ではなく「ふらここ」
「半仙戯」という言葉は、
先日の句会で
先生が教えてくださいました
[PR]
by iina-iina | 2015-05-10 05:00 | 徒然と

去年今年(こぞことし)




a0260570_12145868.jpg


去年の暮れから







a0260570_12144467.jpg








a0260570_12184666.jpg

年が明けての今日まで         
           

(わが家ではありません)








a0260570_12141067.jpg








a0260570_1214149.jpg

毎日があっという間に流れていきます






あの大きかった大根一本が、たったのこれだけに
a0260570_12134570.jpg



一日一日を大切にしたいと思います
[PR]
by iina-iina | 2015-01-06 05:00 | 徒然と

カメラの世界





a0260570_1656418.jpg


カメラというよりは
一人の世界、ですね





a0260570_16572046.jpg








a0260570_1712389.jpg









a0260570_165773.jpg








a0260570_1656276.jpg

カメラの世界って、ステキ



ご訪問ありがとうございました
(予約投稿です)


【追記】
この日、唯一綺麗な紅葉を見せてくれたのは、ここでした
a0260570_11431593.jpg

[PR]
by iina-iina | 2014-11-25 06:00 | 徒然と

手紙






a0260570_8552787.jpg

先生から届いた封書の中に、新聞の切り抜きが入っていました
新聞はとっていないと言ったからでしょうか
そしてこの記事を見て、私の事を思い出してくださったのか・・・
カメラ女子には抵抗がありますが、
先生から見ると、わたしはまだ子供だから、まあいいか^^
先生のお嬢さんと私は、三つしか年が違いません
それにしても、あたたかいもので胸がいっぱいになりました
それと、もっと勉強しなさいと喝を入れられたような気がします





先生とのやりとりは、ご自宅へ出向くか、固定電話か、郵便です
切手、はがき、一筆箋・・・
こういうものを揃える時に、ちいさな幸せを感じます
a0260570_8551314.jpg
a0260570_855097.jpg
a0260570_8544556.jpg

先生や、少し下の世代の方々からは、学ぶことがたくさんあって、
自分の至らなさに恥ずかしくなる時も多々

でも萎縮せずに、のびのびと続けていきたいです
本当はあさってが句会なので、のびのびしている時ではありませんが



今日は素直な気持ちを
里芋の葉っぱに託して。。。。。
a0260570_854943.jpg




a0260570_8534332.jpg

[PR]
by iina-iina | 2014-09-02 10:27 | 徒然と

つれづれなるままに あめんぼう



a0260570_1331616.jpg

これは、うちのベランダの緑のカーテン・・・・の一部
ゴーヤの花を裏から撮りました
蚊に刺されたくなかったので、ちゃちゃっと撮ってしまって、反省
ツルムラサキも一緒にカーテンになってくれていますが
長雨でも日照不足でも、ちゃんと収穫できています
野菜が高くて困りますね  家は、しばらくはゴーヤとツルムラサキで十分です

ゴーヤ
亡くなった父は鹿児島出身で、もう何十年も前に
その頃は苦瓜と呼んでいましたが、その苦瓜を植えていました
ほんとうに苦かったです  今のは苦瓜ではないですね、ゴーヤなんですね








拠り所を探して、蔓があちこちからのび、そのふわんふわんした感じは
とても面白い
a0260570_13304284.jpg








あめんぼう
みずすましとの区別は、俳句の先生から何度か注意されました
これはあめんぼう   飴の匂いがするからこの名前なんだそうです
いつか確認できるかな?。。。


あめんぼう湖面を渡る山の風
あめんぼう水面に流る休らひて
                       いちこ

a0260570_13303715.jpg

a0260570_1330949.jpg

見ていて飽きませんでした    周りには白い花がたくさん咲いていました  沼虎の尾?
a0260570_13345347.jpg

[PR]
by iina-iina | 2014-08-27 10:36 | 徒然と

野火/花冷え

a0260570_1537547.jpg


千年の野火大いなり阿蘇原野








a0260570_15485318.jpg


花冷や人おらねども月の影
[PR]
by iina-iina | 2014-04-19 04:00 | 徒然と

春めく




a0260570_927429.jpg

頃合のところたがへず蕗のたう







a0260570_927995.jpg

雪柳風のかたちに描きをり








a0260570_9263450.jpg

山里の息吹く田ごとの土の春






辛夷が満開です   とても綺麗です  でも
ただ見ていても、何も浮かんでこないのです

a0260570_9333977.jpg





きょうもよい一日をお過ごしください
[PR]
by iina-iina | 2014-03-21 09:35 | 徒然と