空をみあげて

<   2015年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

春昼その弐



a0260570_1557369.jpg

カロライナジャスミン




a0260570_15571919.jpg

このお花、よく見かけますが
やっと名前がわかりました!


イキシア

和名:槍水仙
a0260570_1557518.jpg






春昼まっただなか
a0260570_15565016.jpg





満天星(どうだんつつじ)
a0260570_15563419.jpg




御衣黄(ぎょいこう)

上手に撮る事ができませんでした
ほんのりと黄みを帯びた、気品のある桜です
a0260570_15562186.jpg






斑入りの蕗の葉は珍しいです
a0260570_1556829.jpg






白の花ずおう、
初めてみました
a0260570_15555215.jpg





とら
a0260570_15553564.jpg





手を合わせ・・・・
そろそろおいとまいたしましょう
a0260570_15551458.jpg



*~~ 一寸、忙しくしています
暫く写真の掲載だけで、失礼いたします
ご訪問くださいまして、ありがとうございました ~~*
[PR]
by iina-iina | 2015-04-28 05:00 |

春昼



a0260570_14434269.jpg

踊子草




【春昼】
のどかで明るく、うとうとと眠くなるような春の昼間。
他の季節を措いて、とくに春の季題となっているのは、
独特の情緒を人々が感じているからだ。
こののんびりした駘蕩たる時間は、
猫は鼠を捕ることを忘れ、人は借金を
忘れるなどともいわれているが、暖かさと日永によって
のんきになるだけではなく、微妙な寂しさをも覚える。
泉鏡花は小説『春昼後刻』(しゅんちゅうごこく)の中で
「暖かい、優しい、柔らかな、すなおな風にさそわれて、
鼓草(たんぽぽ)の花が、ふっと、綿になって消えるように
魂がなりそう」と、
不可思議な春昼の心情に
筆を尽くしている

(日本の歳時記より)



少し時間が経ってしまいましたが
まさにその
「春昼」のなかにいた、Mさんとわたし



a0260570_14433085.jpg

著莪(しゃが)の花





a0260570_14431444.jpg







a0260570_1443261.jpg







a0260570_1442453.jpg






おや
a0260570_14423270.jpg







a0260570_1442187.jpg







魂、どこかを彷徨っていませんか~?
a0260570_1442329.jpg







春昼ですね
a0260570_14414877.jpg



*~~ 一寸、忙しくしています
暫く写真の掲載だけで、失礼いたします
ご訪問くださいまして、ありがとうございました ~~*
[PR]
by iina-iina | 2015-04-27 05:00 |

MARINE WORLD


a0260570_17531782.jpg

福岡県の海の中道にある
マリンワールド
母と行ってきました

母が水族館へ行きたいと思っていたとは・・・
私は新しいカメラを試す、
いい機会になりました


水族館で写真を撮ったのは初めてで、
撮り方を調べていけばよかった、な
a0260570_17525578.jpg






a0260570_17523891.jpg





a0260570_1752327.jpg





a0260570_175020100.jpg




真剣に見入る、母の後ろ姿
a0260570_17521681.jpg





a0260570_17513728.jpg




パノラマ大水槽へと降りていきます
a0260570_17511339.jpg





a0260570_1750429.jpg




アクアライブショーが始まりました
水槽の上からダイバーが
a0260570_1825513.jpg





a0260570_1835538.jpg



イワシタイフーン


a0260570_17464157.jpg



外へ出ると、アシカ・イルカショー


a0260570_17462736.jpg


イルカは7、8頭いたかと思います
鯨のエミ?ちゃんもいました
イルカみたいに上手にジャンプできないのが
可愛かった

お兄さんの指先はまるで
「魔法の指」
a0260570_17461079.jpg

[PR]
by iina-iina | 2015-04-21 05:00 | 大きな旅・小さな旅

空に魅せられて




a0260570_13184418.jpg

宮崎県五ヶ瀬町
「三ヵ所神社」






a0260570_13182661.jpg

先日掲載した「浄専寺」の隣にあります
石楠花が満開、花弁は殆ど傷んでいませんでした
神社の裏は小高い山になっていて
石楠花の他にも、枝垂桜や椿がたくさん植えてあり、
五ヶ瀬の町の人たちは、しあわせだな~と思いました





a0260570_1318828.jpg








先ほどまで降っていた雨の雫が綺麗でした
a0260570_13172928.jpg








a0260570_1317496.jpg








a0260570_13162947.jpg







a0260570_1316640.jpg







空がこんなにも綺麗だって事、
久しぶりに思い出したような気がします
a0260570_13154039.jpg

[PR]
by iina-iina | 2015-04-19 14:00 | 神社・寺・教会

寺苑の枝垂桜



a0260570_3535746.jpg

宮崎県五ヶ瀬町の浄専寺

二上山の「あけぼのつつじ」について
ネット等で調べるまで
こんなところがあるなんて
知りませんでした




a0260570_350259.jpg

さっきまでの土砂降りが嘘のよう・・・





a0260570_3494298.jpg

江戸時代に第九代住職が
京都の本願寺より持ち帰ったという
枝垂桜の苗木が
こんなに大きくなりました

そして
この桜の子たちが、五ヶ瀬町内、県内
県近郊等に多数植えられているそうです

花は散っていましたが
それでもドキドキする美しさ





a0260570_3491878.jpg

地元の方より
今年は満開の時期が早く、
雨であっという間に散ってしまった事を
教えていただきました

来年は
満開のころに是非、と
そう言ってくださいました
a0260570_3245912.jpg



桜の次は、はなずおう

空を眩しめる



a0260570_3243822.jpg






a0260570_324161.jpg

このあと、
お隣の神社で満開の石楠花を見てきました
[PR]
by iina-iina | 2015-04-18 05:00 | 神社・寺・教会

雨上がり



a0260570_2030478.jpg

雨上がりの光景です





a0260570_20321585.jpg

五ヶ瀬町の浄専寺へ行く前に
あまりの美しさに
車を停めて
暫く撮り続けました




a0260570_20345761.jpg







a0260570_19531345.jpg







a0260570_19524961.jpg






普段よく目にする景色の中の
花が好きです
a0260570_1951435.jpg

[PR]
by iina-iina | 2015-04-17 05:21 | 山里・田畑

あけぼのつつじに会いにいく




a0260570_17281682.jpg

4月14日、宮崎県の五ヶ瀬町の「二上山」(ふたがみさん)にて
「あけぼのつつじ」

開花の情報は
「五ヶ瀬町観光協会サイト開花情報」さん
で確認
雨の予報ではない日を待ちました


あけぼのつつじは、高い山に登らないと見る事ができませんが
二上山の「女岳」は、15~20分程の比較的楽な登りで
群生を見る事ができる、とネットで知りました
登山口までのルートは調べていましたが、
五ヶ瀬町から入った「六峰街道」の路面が荒れていたので
不安になりました
でも、山頂近くにピンクの花が小さく見えた瞬間は
「やった~♪」


でも喜びも束の間、
着いたのは「男岳」の登山口でした
「女岳」の登山口は見落としてしまっていたのでした
地元の方が乗った車が来たので、教えていただく事ができて助かりました



10分ほど登ると
あけぼのつつじが・・・・
a0260570_17274940.jpg

初めてこの花を見たのは、20年以上前
祖母山に登った時です
高いところで揺れるピンクの花が
とても美しかったのです



a0260570_14315055.jpg








a0260570_19253217.jpg

風が強く、撮り辛かったのですが
ここで雨が降り出した
まだ半分ほどしか来ていませんでしたが
仕方ありません
a0260570_17231872.jpg






a0260570_1740513.jpg






車へ戻り、もう一度「男岳」登山道入り口へ
写真を撮り終えたころには土砂降りに
a0260570_17225724.jpg


あけぼのつつじも
例年に比べ、満開になるのが早かったようです
[PR]
by iina-iina | 2015-04-16 05:00 | 草花木

五百羅漢に会いにゆく

a0260570_13145554.jpg

3月21日
友人とのプチ旅の目的地は
熊本市西区松尾町にある、
雲厳禅寺(うんがんぜんじ)の五百羅漢さんでした

五百羅漢さんの奥には
宮本武蔵が籠って「五輪の書」を書いた、
「霊厳洞」(れいがんどう)もあります

以前は宮本武蔵、好きだったのですが
今はどうも・・・・・




a0260570_13144247.jpg







a0260570_13142412.jpg







a0260570_13141043.jpg





五百羅漢さんは、武蔵の時代から150年後に
商人、淵田屋儀平が奉納したもの
ここは、金峰山の麓
金峰山は火山なので
幾多大小の地震の影響で、頭部が落ちたものが多い
(パンフレットより)



a0260570_13135133.jpg






a0260570_13114359.jpg





a0260570_13112581.jpg





a0260570_13111029.jpg






a0260570_13104869.jpg




頭が落ちていたりすると
ちょっと不気味なんですが
お顔のある羅漢さんは
実にいいお顔・・・・^m^



a0260570_13103347.jpg





最後は加藤家の菩提寺、
本妙寺(本妙寺公式サイト) 

a0260570_13101635.jpg

オオシマザクラは満開でした
この時、ソメイヨシノが開花している事に気が付きました
家に戻って、熊本が桜の開花宣言をしたことを
ニュースで知りました

中身の濃い一日でした~
[PR]
by iina-iina | 2015-04-13 05:00 | 大きな旅・小さな旅

春うらら-玉名へ

a0260570_11111525.jpg

玉名市の菊池川の畔で





お許しをいただいて
写真を撮らせていただきました
a0260570_1192920.jpg






3月21日  春うららかな一日
友人と県北へ、プチ旅(日帰りです)をしてきました
私達、晴れ女です
前日まで雨続きでした




最初に目指したのは「伊倉の津(港)」です

伊倉は、中世に港町として栄えたそうですが、
加藤清正の菊池川河口干拓のために
港としての機能を失ったそうです
(熊本吟行案内より)


「唐人船繋ぎの銀杏」が残っていると知り、
車を切支丹墓地に置いて、歩いて行ってみました
ちょうど雪柳が満開で
どこの庭先でも、風に揺れる姿を見かけることができました
a0260570_1154267.jpg







これが
「唐人船繋ぎの銀杏」(県HP)
です
a0260570_1181781.jpg

銀杏の木の向こう側は、
崖下に土地が広がっていますが
昔は全然違った風景だったんですね
海だったのですから・・・・





次は
「高瀬の津」へ
a0260570_118694.jpg

高瀬の津

中世から農産物の集散地として
大阪や中国との交易に拠点として栄えてきた
その名残の町並みや商家が、中町を中心に
面影を残している
(吟行案内より)




商家の裏になります
菊池川に沿ってつくられた「浦川」という運河跡は
今は公園として整備され、何万株という花菖蒲が植えられています
石橋、商家の石垣と花菖蒲を撮りに、
また来ます
a0260570_1175079.jpg







a0260570_1173224.jpg







a0260570_1171511.jpg







次は
夏目漱石の小説「草枕」の舞台となった
玉名市天水町・小天温泉へ

那古井の里 「前田家別邸」(参照「くまの素 HP」)

a0260570_117118.jpg

「名望家前田案山子別邸」
・・・・那美さんが入ってきた風呂も修復され
漱石が泊まった部屋もそのまま残っている
裏山から続く庭には漱石の
「かんてらや師走の宿の寝つかれず」という
句碑もある
(熊本吟行案内より)

a0260570_1164249.jpg



a0260570_1162911.jpg



a0260570_116171.jpg


次の目的地へ移動するために
ここは駆け足での見学になってしまいました
[PR]
by iina-iina | 2015-04-12 05:00 | 大きな旅・小さな旅

車帰の大辛夷




a0260570_57668.jpg


車帰(くるまがえり)の湧水の大辛夷
(熊本県HP参照)




偶然、ネットで「車帰の大辛夷」の存在を知りました
もう20年近く熊本に住んでいながら
今まで知らなかったのです

ぎりぎり間に合うかな?
そう思って行ってみましたが
・・・遅かったです(T_T)
例年より、満開の時期が早かったようです
(撮影日・4月7日)



a0260570_459773.jpg

上の二枚はホワイトバランスを扱っています







今年はお天気が悪い日が続き
桜もあっという間に散ってしまいました
阿蘇地方の桜も終盤
a0260570_4581428.jpg








a0260570_458164.jpg




田植えの時期が
近づいてきました



a0260570_457457.jpg








a0260570_71192.jpg







柿若葉
a0260570_4572959.jpg


青空に会いたいです
[PR]
by iina-iina | 2015-04-09 05:00 | 草花木